日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

最近、何かと話題のVR(バーチャルリアリティ)についてまとめてみた!!

ニュース

最近、何かと話題のVR(バーチャルリアリティ)についてまとめてみた!!
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
  • 旅行が仕事!!世界中を無料で旅しながら収入がどんどん増えていく 2018年日本上陸
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

テクノロジーの発展と人々の欲望は深く関係している!

VRゲーム、VR 体験、VR動画。。最近、VRという言葉をよく耳にします。

2015年前半までVRという言葉はまだそんなに普及していませんでしたが、2015年後半、Oculus、Sony、HTCが次々VR製品を発表後、VRという言葉はだんだん盛り上がって来ました。

しかし、一般人にとってVRは新しい概念と言えます。VR素人にもすぐ理解できるように、日常的に使われる分かり易い言葉を用いて、詳しく説明しています。

VRとは何??

VR:英語はvirtual reality、バーチャルリアリティ/仮想現実/人工現実感とも言われています。

virtual:日本語では「仮想」、「現実ではない別の空間」という意味。
reality:日本語では「現実」、「私たちが経験するもの」という意味。

簡単に言えばVRとは、VR体験者の身体に特定の機器を装着した後、コンピュータによって合成された映像・音響などの効果により、3次元空間内にVR 体験者の身体が投影され、本当にその空間への没入感(immersion)が生じます。
このような技術そしてその体系の事をVRと言います。

出典 http://www.winxdvd.com

VRとARの違いは??

☆ VRは現実そのものを人工的に創り出す技術。ARは現実により詳細な情報を人工的に加える技術。

☆ VRは視界をすべて囲い込む、AR(拡張現実)は視界を遮断しない:VR(バーチャルリアリティ)はHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を目に装着する必要がありますが、普段見ている世界にコンテンツを追加するのがAR。

☆ VRは予算がARと比べると、かなり高価なものになります。ARはソフトやアプリなど安値ですぐに利用することが出来ますが、VRの場合は、まずHMD自体が10万近く費用がかかります。

出典 http://www.winxdvd.com

VR 体験するために何が必要なの??

具体的な方式には、頭部に装着してすっぽりと視界を覆う「ヘッドマウントディスプレイ」(HMD:Head-Mount Display)を用いた手法が特に有名となっています。その他、手を包み込んで動きを入力したり、力学的なフィードバックを与える手袋型の「データグローブ」(data glove)などの方式が有望と考えられています。

出典 http://e-words.jp

VRはまだ黎明期にあり、まだ超えなければならない山があります。ですが、VRを活用している企業の中には物理的、あるいは経済的な障壁を克服できる事を示しているものもあります。

VRを使う事で雇用を増やし、投資効果を向上し、顧客満足度を高めている5つの産業を紹介します。

『 小売 』
ネットで買ったものを返品する理由として、最も多く挙げられるのがサイズ間違いによるものです。返品の手続きは煩雑なものであり、実店舗での買い物の場合でも、返品手続きが煩雑なことには変わりません。そこでデジタル試着室。
サイズ間違いを解決し、商品が自分に似合うかどうかをバーチャルで確認できるようになれば、より購入に結びつく事でしょう。調査によると、実店舗の小売では、試着室に入った顧客の67%は商品を購入するという。ある小売業者は、顧客を店舗でもネット上でも試着室まで連れて行くための新しい方法として、利用しだしています。

『 写真 』
ソーシャルや商用のチャンネル経由で写真提供し、人々の注目を集めることは難しくなってきており、これまでのありがちな(そして往々にして加工されすぎた)写真で表現したいことを伝えることは簡単なことではありません。オリジナリティーがこれまで以上に求められており、VRはこの為に好都合で、例えばVRヘッドセットを通して写真にエフェクトをかけるなどです。写真をより良く、インタラクティブに見せるため、360度フォトシェアリングアプリを導入する写真家達が増えてきました。最近の例では、写真家のアラン・パンが360度ビデオを使い、北朝鮮についての印象的な報道を行いました。

『 旅行 』
旅行好きの人達も実際に現地に行かずにバケーションを経験することが出来ます。旅行のプロモーションのための標準的なツールとして360度パノラマイメージが使われるようになってきて、VR技術により、ホテル、レストラン、ナイトクラブに行ったかのような感覚を提供できるようになり、実際に訪問する確率を大幅に上げることが出来ます。既に東京のナイトライフやバリのヴィラやパリのカフェに仮想的に足を踏み入れることが出来るようになっています。ホテルチェーンは顧客に実際の部屋の大きさはどんなものかなどを顧客に伝えることも出来るようになっています。


『 不動産 』
不動産業者は、クライアントに内覧を提供するためにVRカメラを買いあさっています。内部から外部まで3Dで見ることが出来、物件の利点から欠点まで、あらゆるものを確認することが可能です。物件の3D化を行っている企業によれば、業者ごとに平均して月に120万ほどの閲覧があるといいます。3Dパノラマ効果やCGI 3Dエクスペリエンスなど、2D写真による360度ビュー以上の事が実現できます。今日では、SamsungのGear VRヘッドセットを使って、マリブにある高級住宅を閲覧できるシステムがサザビーズに導入されていて、海外に住んでいるクライアントの他、(セレブである事が多いのだが)来客が少ない環境を望む顧客中心に物件の販売が進んでおり、大きな利益を上げています。

『 自動車産業 』
車は大きな買い物の一つ。様々なモデル、内装、保険、安全から一台を選ぶことはいつも簡単に済ませられることではありません。しかし、その車の事を伝えられる販促用の写真はほとんど無く、プロの写真でも顧客にイメージを伝えることは難しい。だがVRを使えば、イメージをより明確に伝えることが出来ます。VRを使った動画作りのプロセスも、時代が進んだおかげで簡単になってきていて、業者のWebサイトのイメージ作りを越えた動きを見せることになるかも知れません。中古車の売り手などは恩恵に預かることでしょう。また冷やかしの顧客にとっても、バーチャルショールームでランボルギーニやアストン・マーティンの運転席に座れるという恩恵に預かることが出来ます。

VRの応用は小売から飲食品、ゲームなどいくつかの産業に広まっています。まだメインストリームで市民権を得るには少々遠い感がありますが、業者の注目の高まり、そして益々買いやすい価格帯になってきたヘッドセットの登場により、このイノベーティブなメディアはより身近なものになるでしょう。

出典 http://readwrite.jp

5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
123
  • Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

カテゴリー

タグ

月別アーカイブ

憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!